水素水の副作用・安全性と適量

水素水の効果と体験

MENU

水素水の副作用・安全性と適量

水素水の副作用・安全性と適量についてです。

水の中に水素を閉じ込めた水を「水素水」と言い、カラダを酸化(サビ)から守ってくれるので健康やアンチエイジングにいいと話題になっています。

カラダの中で発生した悪玉活性酸素を水に変えて除去できると言われている水が「水素水」です。

ところで、新たなサプリメントや健康食品を自分の生活に取り入れようとするときに気になるのは、副作用や安全性についてです。

水素水も話題ではありますが、副作用や安全性を心配している人も意外と多くいるようです。

たとえば、飲み過ぎると何か問題が生じるのではないか、とか、そもそも理科の還元実験を思い起こさせる「水素」などを飲んでも大丈夫なのか、といったことから、引火して爆発しないのか、といったことまで疑問は多くあるようです。

結論から言いますと、飲んでも副作用はなく、飲み過ぎても余分な水素は排出されるから安全であり、もちろん爆発はしません。

水素水の研究に携わる日本医科大学の太田教授も副作用はなく安全であると断言されているので、安心してください。

体内に入った水素は悪玉活性酸素だけに反応して水に変化するのですが、悪玉活性酸素に反応しなかった水素は数時間後には呼気に含まれて体から出てしまいます。

なので、水素の摂りすぎによる悪影響を心配する必要はないのです。

また、体内で何かと結合してカラダに悪いものに化学変化する、という事もありません。

水素は既存添加物の《番号192》の食品として使うことが厚生労働省から認められているものなのです。

敢えて水素水の影響を挙げるとすれば、少々トイレが近くなるかもしれない、というくらいです。

そして飲みすぎに関しては、水分の摂りすぎでお腹を壊す、過度の飲み過ぎで「水中毒」になる可能性がある、ということでしょうか。

しかし、これは通常の水分の摂り方をはるかに超えた異常な飲み方をした場合ですので、それほど気にしなくてよいと思います。

では、1日に水素水をどのくらい飲めば良いのかというと、だいたい1~1.5リットルくらいを目安にするとよいでしょう。

1日に必要な水分量は約2.3リットルと言われていますが、食事から約0.8〜1リットルは摂れますので、残り1.3リットルから1.5リットル程度の水分補給の中に水素水を含めてあげればよいと考えます。

飲用する水素水はできれば吸収されやすくて高濃度なもの、例えば口コミで人気な水素水をどうぞ。

水素水で効果が高くて人気なのは何?

水素水もいろいろあります。
ただ総合的に優良で効果が高いと思ったのは
ビガーブライドEXです。
口コミでも評価が高く人気です!
詳しくは↓公式サイト