高濃度ナノ水素水【ビガーブライト】の効果と他との違い

水素水の効果と体験

MENU

高濃度ナノ水素水【ビガーブライト】の効果と他との違い

高濃度ナノ水素水【ビガーブライド】は、他の水素水よりも水素含有量が多いという特徴があります。

水素の抜けを防止するためにアルミパウチに入っている水で、しかも充填時に1.6ppm入れているので、他の水素水よりも保存がきくのが特徴です。

商品到着〜開封後は0.7〜1.2ppm程度に水素は減ってしまいます。

しかし、これはどのメーカーであっても起こる事です。

それよりも、充填時の含有量と水素の「抜け」をどのくらい防げるのかということが水素水選びのポイントになってきます。

ビガーブライドは容量500mlとアルミパウチ入りの水としては多めです。

飲みきりサイズとは言い切れないので、何度か分けて飲む必要があります。

しかし、特許取得の独自技術で開封後も水素をできるだけ逃がさない工夫が施されているので、ペットボトルタイプの水素水よりは断然おススメですよ。

どのくらいこの独自技術がすごいかというと、大半の水素水メーカーは15分以内に水素がほぼ抜けてしまうのに対して、ビガーブライドはきちんとキャップをしめておけば開封後も48時間は水素が残っているんです。

忙しい人や、一気に飲みきれない人は、ビガーブライドのこの技術は嬉しいですよね。

しかも、SPGフィルターというフィルターを使ってナノ化しているので水素を吸収しやすくしています。

そして何より品質と安全性で信頼できるのがFDAの認可を取得している事です。

FDAとは、アメリカの食品医薬品局で、日本の厚生労働省にあたる機関です。

FDAは、厳しい基準審査を持つ行政機関で、許可されるのがそもそも厳しいことで有名です。

また違反した場合の取締りも厳しいので、ここの認可を受けているというのはかなり大きなポイントですね。

FDA認可を得ている水素水は、今のところビガーブライドだけです。

水素水で効果が高くて人気なのは何?

水素水もいろいろあります。
ただ総合的に優良で効果が高いと思ったのは
ビガーブライドEXです。
口コミでも評価が高く人気です!
詳しくは↓公式サイト